雨がしとしとアケビ園

あけび畑

 

木の葉が一枚づつ散っています、雨がしとしとと降り続き晴れ間がほしいですね。
隣のアケビ園がさびしく来る人を待っていますが段々朽ちていきます、目的があって始めたのでしょうがお金が生きていないような気がしてきます。
いま選挙が行われようとしています 無駄づかいをなくさないと国民の負担が大きくなるばかりではないのでしょうか?
だれも来なかった施設を動かしだして雨の中でも来ていただく人が増えてきました 感謝 感謝の連続です。
希薄になっていく世の中 心と心が通じ合うものがあると思います。
木々たちも寒くなると年輪を重ねていき少しずつ大きくなっていきます見習いたいですね。

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL